膝関節みっちりコース内容

Question

臨床上最も遭遇しやすい膝関節の痛み・可動域制限。膝関節の伸展・屈曲の可動域制限〜痛みについて、しっかりと問題解決できるようになりましょう!

Contents

レベル1

<スケジュール>
12:00-15:00
・大腿脛骨関節のバイオメカニクス
・大腿膝蓋関節のバイオメカニクス
・膝関節骨の触診(大腿骨・脛骨・腓骨・膝蓋骨)
・膝関節筋の触診(大腿四頭筋、内側・外側ハムストリングス、腸脛靭帯、腓腹筋内側・外則、膝蓋上嚢、膝窩筋、縫工筋、薄筋)
・膝関節靭帯の触診(内側・外側側副靭帯)

15:00~17:00
・膝蓋骨のトラッキング
・膝蓋骨の可動性評価(上下・回旋方向)
・屈曲、伸展に伴う膝蓋骨の機能
・膝蓋骨に起こりやすい2つの問題
・大腿膝蓋関節にかかる負担
・脛骨の4つの不安定性(後外則・前内側・後内側・前外則)
・下腿外旋症候群について
・腓骨の機能評価(足部との関連性)
・スクリューホームムーブメントの評価

レベル2

<スケジュール>
12:00~15:00
・膝の痛みの原因について
・触診による疼痛のリーズニング
・膝のjoint laxityについて
・FTAと膝の痛みの関係性
・膝関節の回旋に関わる因子(骨、筋、靭帯組織の役割とメカニズム)
・歩行時における膝関節のモーメント
・膝関節内反モーメントと立脚初期の関係について
・歩行から考える膝関節の運動連鎖

15:00~17:00
・膝関節に加わるメカニカルストレスの理解
・膝関節に関する各種整形外科テスト
・アプレー圧迫・牽引テスト
・マックマレーテスト
・ラックマンテスト
・外反・内反ストレステスト
・膝蓋骨圧迫テスト
・前方引き出し・後方引き出しテスト
・膝関節屈曲可動域制限に対する治療
・膝関節伸展可動域制限に対する治療
・膝関節に対する治療戦略