Medical Artとは?

2018年に茨城県で130名を集めたN-festa

その名称を変えて2019年に送る茨城のイベントです。

 

「生きていくをアートする」

 

これが今回のテーマです。

我々医療従事者が日頃感じている「治すことのできない壁」

その壁は僕らの視点でしかない

 

でもその壁は本当に壁なのか?

壊せない壁をただ叩くことしかできないのか?

 

昨年のN-festa、GOMESSさんの歌を聞いた時に感じたこと。

 

医療にない未来、世界を作る。

障害のあり方を考える。

医療従事者の概念を変える。

 

これが今回のイベントの目的です。

 

出演者

 

1J-work out代表 谷野先生「Know No Limit!!〜脊髄損傷のこれまで、そして現在から未来について〜」

2内田直生先生「乙武義足プロジェクトを通じて伝えたいこと〜多様性・生き方〜」

3ベィmagazineメンバー「医療×旅行雑誌の可能性」

クラウドファンディングで300%を達成した理学療法士が作る旅行雑誌「ベィmagazine」!!医療と旅行雑誌がかけ合わさることでどんな社会貢献ができるのか?「車椅子だから旅行にいけない?」という素朴な疑問に。退院した後のスタートラインをベィmagazineから始めて行きたい。

4脳卒中つくばリハビリセンター 竹内靖揮先生「脳卒中はスタートライン〜ライフイベントと役割の達成〜」

5山田修平先生「なぜ最高にイケてる高齢者の写真展をするのか?」

「最高にイケてる高齢者の写真展」とは? 若手理学療法士がTwitterで5000いいねを獲得した異色のコンテンツ。 なぜこんなことをやろうと思ったのか? “医療×エンタメの可能性”とその“背景”に迫るプレゼンテーション。 「高齢者」と聞いて、多くの人はネガティブなイメージを抱くと思う。 しかし、歳を取ることは本当にネガティブなことだけなのか? 僕にとって高齢者は沢山の学びを与えてくれるとっても魅力的な存在だ。 そんな素敵な加齢をした高齢者たちを僕は世の中に伝えたい。

タイムスケジュール

もう少々お待ちください!

完成次第UP予定です!

 

募集人数

  • 150名
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・トレーナー・柔道整復師・ボディワーカー、学生、職種問わず一般の方も参加可能
  • 茨城県以外の人も参加可能です!

 

会場・日時

 

持ち物・注意点

  • スリッパと外履きを入れる袋をご用意ください(校内スリッパは利用できません)
  • 校内は全面禁煙です
  • 飲食はどの教室でも可能です。ゴミの持ち帰りをよろしくお願いします
  • 発表のメイン会場は3階になります

 

懇親会

 

参加費用

  • PT学生1000円
  • 一般5000

 

参加方法

 

お申し込みはこちらから→→Medical Art申し込み